2017-11-16

200回めの青空


今回のアオゾラレターが200回めの投稿になります。

まだ工房が清澄白河にあった頃、ふらりと高校の時の担任の先生が来てくれたことがあります。手には一緒に食べようとレバカツの入った袋を下げていました。

学生の頃から積極的に先生と話をする生徒ではなかったので、どうして来てくれたのか不思議でしたが、その時に初めてレバカツを食べ、高校時代の総量を超える話を先生としました。
そして、最初からそのつもりだったのか高知に住む母親のためにと一脚のアームチェアを注文して帰られました。またその時に先生の口から、ご自身が癌であることを聞きました。

「俺が死ぬ前に完成させてくれよ」をいう冗談を時々聞きながら、3ヶ月ほどお待たせして高知県に椅子を無事に送り、それから先生は亡くなりました。

まだ工房が清澄白河にあった時を思うとき、その事をとても大切な出来事として思い出します。


そして皆様にお知らせできることがあります。再び清澄白河に小さいギャラリーを持つことになりました。オープンは12月中頃を予定しています。
ちょうど節目に、これをお伝えすることができて良かった。。

そこがふと思い立ったときにふらりと立ち寄れる、そんな場所になると良いなあ。